運営委員会 2017 年度

主査

森嶋 厚行

所属:筑波大学

部署:知的コミュニティ基盤研究センター

専門分野キーワード:
クラウドソーシング,データ統合,Web 情報管理

担当:
主査

自己紹介:
1998 年筑波大学大学院工学研究科修了.博士 (工学).現在,筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター/図書館情報メディア系教授.The VLDB Journal Associate Editor.日本データベース学会理事.ACM SIGMOD 2001 The Second Runner-up for the Best Paper Award (DB 上の XML View に関する研究).2003 年度情報処理学会論文賞.2008 年度日本データベース学会上林奨励賞.2010 ~ 2014 年科学技術振興機構さきがけ研究者.2012 年度日本データベース学会論文賞.2014 年度日本データベース学会若手功績賞,CAiSE2015 Best Paper Award (人と計算機の知の融合プログラミングに関する研究) 等.これまで,VLDB, SIGMOD, ICDE, EDBT, CIKM, ECDL, DASFAA, ICADL, XSym, PersDB, DBCrowd 等のプログラム委員や実行委員等.

メッセージ: 強力な幹事と運営委員の皆様と共に,オープンで,研究者・産業界・学生の全ての方がメリットを感じられるコミュニティにしたいと思います.

幹事

渡辺 知恵美

所属:筑波大学

部署:システム情報系

専門分野キーワード:
暗号化 DB,匿名化手法,プライバシ保護,プライバシリスク提示

担当:
WebDB Forum 2017 Chair

自己紹介:
DBS 研究会が主催・共催する研究会には学部 4 年生の研究会初デビューから毎年 (私もしくは学生が) 発表させてもらっています.幹事として精一杯貢献させていただきます.研究内容はプライバシ保護データベースや SNS でのプライバシリスク提示などです.最近は大学の教育プロジェクトでスクラム開発, XP, デザイン思考などにも取り組んでいます.

奥 健太

[Web]

所属:龍谷大学

部署:理工学部

専門分野キーワード:
情報検索・推薦,Web・Web 情報システム,Web マイニング,地理情報システム

担当:
WebDB Forum 2017 研究会 (主)

自己紹介:
情報推薦システムが好物.観光情報推薦や音楽推薦,コンテキストアウェア推薦,セレンディピティ指向情報推薦など,情報推薦システムを軸に研究を展開している.RecSys 勉強会の企画や訳書『情報推薦システム入門-理論と実践-』を出版している.教育では,研究指導に加え,立命館大学および大連理工大学で主にデータベースの講義を担当している.学部時代は,土木計画学の研究に従事するなど異色の経歴をもつ.

三島 健

所属:NTT

部署:

専門分野キーワード:
クラウドコンピューティング

担当:
12 月研究会

自己紹介:
1996 年筑波大学修士課程修了.同年,NTT 入社.クラウドコンピューティングの研究開発に従事.2010 年上林奨励賞受賞.情報処理学会,日本データベース学会各会員.博士 (工学).

手塚 太郎

所属:筑波大学

部署:図書館情報メディア系

専門分野キーワード:
データ工学,信号処理,情報検索

担当:
FIT 2017

自己紹介:
情報検索システムのための統計的言語モデルの研究を経て,機械学習を用いたデータ分析,特に画像や生体から記録されたデータの解析手法の開発に取り組んでいる.実データとして神経細胞の電気的活動記録を使用し,カーネル法に基づく信号処理手法の開発を行っている.

富井 尚志

所属:横浜国立大学

部署:大学院環境情報研究院

専門分野キーワード:
マルチメディアデータベース,時空間データベース,センサデータベース

担当:
表彰

自己紹介:
1999 年横浜国立大学大学院工学研究科修了.博士 (工学).現在,横浜国立大学大学院環境情報研究院准教授.マルチメディアデータベース,時空間データベース,センサデータベースなどの研究に従事.2016 年日本データベース学会若手功績賞.日本データベース学会,情報処理学会,電子情報通信学会,映像情報メディア学会,各会員.

山本 岳洋

[Web]

所属:京都大学

部署:大学院情報学研究科

専門分野キーワード:
情報検索,HCI,ユーザ行動分析

担当:
WebDB Forum 2017 研究会 (副)

自己紹介:
京都大学大学院情報学研究科助教.2011 年京都大学大学院情報学研究科博士後期課程修了.博士 (情報学).情報検索に興味を持ち,特に情報検索におけるユーザインタラクションやユーザ理解に関する研究に従事.2008 年第 1 回日本データベース学会/電子情報通信学会データ工学研究会/情報処理学会データベースシステム研究会 優秀若手研究者賞.SIGIR,AIRS,WISE,SocInfo などのプログラム委員や運営委員,NTCIR タスクオーガナイザなどをつとめる.情報処理学会,日本データベース学会,ACM 各会員.

清田 陽司

所属:株式会社 LIFULL

部署:LIFULL Lab

専門分野キーワード:
自然言語処理,情報検索・推薦,クラウドコンピューティング,産学連携推進

担当:
産学連携・社会連携

自己紹介:
大学院生までは自然言語処理応用の研究に従事し,京都大にて長尾真先生・黒橋禎夫先生に師事しました.博士 2 年から黒橋先生の異動にともない東京大に移り,マイクロソフト日本法人との共同研究として,対話型ナビゲーションシステム「ダイアログナビ」の研究および実証実験に携わりました.2004 年に学位取得後,東京大情報基盤センターの助教・特任講師として,図書館分類体系と Wikipedia を統合した図書館情報ナビゲーションシステムの研究に携わるとともに,同システムのビジネス化などを目的に,2007 年に東京大学発スタートアップ (株) リッテルの設立に関わりました.国立国会図書館「リサーチ・ナビ」の開発,Hadoop ベースのビッグデータ処理基盤のビジネス展開などに取り組んだ後,2011 年にバイアウトにより (株) ネクスト (現: (株) LIFULL) にジョインしました.現在は,不動産テックを中心としたさまざまな研究課題 (不動産物件画像への深層学習適用,物件の情報推薦など) に取り組むとともに,大学との共同研究,データセット提供などの産学連携推進にも関わっています.現在,人工知能学会編集委員,JST「情報管理」誌編集委員などを担当.

新谷 隆彦

所属:電気通信大学

部署:大学院情報理工学研究科

専門分野キーワード:
データマイニング,ライフログ活用技術

担当:
全国大会

自己紹介:
1999 年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了,博士 (工学).2000 年株式会社日立製作所入社.中央研究所,基礎研究所を経て,2011 年より電気通信大学大学院情報システム学研究科准教授,改組により 2016 年より同大学院情報理工学研究科准教授.データマイニング,分散処理,ライフログ活用技術に関する研究に従事.情報処理学会,電子情報通信学会,日本データベース学会各会員.データマイニングのアルゴリズムなどの研究と共に,ライフログへの適用としてリストバンド型センサを常時装着することで長期間の活動データを収集し,生活特性抽出にも取り組んでいます.

波多野 賢治

所属:同志社大学

部署:文化情報学部

専門分野キーワード:
情報検索・推薦,データ工学

担当:
広報 (HP, FB),ML 管理

自己紹介:
1999 年神戸大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了,博士 (工学).現在,同志社大学文化情報学部教授.2007 年電子情報通信学会論文賞,IMECS2008 Best Paper Award,ICDS2014 Best Paper Award,日本データベース学会 2015 年度 若手功績賞等受賞.これまで情報検索,情報推薦システム構築のために必要な技術開発に興味を持ち,データベース分野と情報アクセス技術分野に関わるさまざまな研究課題に取り組んでいます.主査の想いの実現に向けて邁進する所存です.

運営委員