運営委員会 2019 年度

主査

吉川 正俊

所属:京都大学

部署:大学院情報学研究科

専門分野キーワード:
データ市場,プライバシ保護,データ来歴,科学・学術データベース

担当:
主査

自己紹介:
IoT 時代においてパーソナルデータは高い有用性を持ちますが,その活用のためにはプライバシ保護技術を確立する必要があります.プライバシを保護しながらパーソナルデータを利活用する方法や,科学・学術データ作成者の貢献を正しく評価した上でデータ循環を促進するための研究を行っています.日本学術会議第 24 期連携会員,The 6th IEEE International Conference on Big Data and Smart Computing General Co-Chair 等.

メッセージ:
強力な布陣を誇る当研究会の幹事と運営委員の皆様とともに.コミュニティのために貢献したいと考えています.

幹事

清田 陽司

所属:株式会社 LIFULL

部署:LIFULL Lab

専門分野キーワード:
自然言語処理,情報検索・推薦,クラウドコンピューティング,産学連携推進

担当:
産学連携・社会連携

自己紹介:
大学院生までは自然言語処理応用の研究に従事し,京都大にて長尾真先生・黒橋禎夫先生に師事しました.博士 2 年から黒橋先生の異動にともない東京大に移り,マイクロソフト日本法人との共同研究として,対話型ナビゲーションシステム「ダイアログナビ」の研究および実証実験に携わりました.2004 年に学位取得後,東京大情報基盤センターの助教・特任講師として,図書館分類体系と Wikipedia を統合した図書館情報ナビゲーションシステムの研究に携わるとともに,同システムのビジネス化などを目的に,2007 年に東京大学発スタートアップ (株) リッテルの設立に関わりました.国立国会図書館「リサーチ・ナビ」の開発,Hadoop ベースのビッグデータ処理基盤のビジネス展開などに取り組んだ後,2011 年にバイアウトにより (株) ネクスト (現: (株) LIFULL) にジョインしました.現在は,不動産テックを中心としたさまざまな研究課題 (不動産物件画像への深層学習適用,物件の情報推薦など) に取り組むとともに,大学との共同研究,データセット提供などの産学連携推進にも関わっています.現在,人工知能学会編集委員,JST「情報管理」誌編集委員などを担当.

メッセージ:

新谷 隆彦

所属:電気通信大学

部署:大学院情報理工学研究科

専門分野キーワード:
データマイニング,ライフログ活用技術

担当:
全国大会

自己紹介:
1999 年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了,博士 (工学).2000 年株式会社日立製作所入社.中央研究所,基礎研究所を経て,2011 年より電気通信大学大学院情報システム学研究科准教授,改組により 2016 年より同大学院情報理工学研究科准教授.データマイニング,分散処理,ライフログ活用技術に関する研究に従事.情報処理学会,電子情報通信学会,日本データベース学会各会員.データマイニングのアルゴリズムなどの研究と共に,ライフログへの適用としてリストバンド型センサを常時装着することで長期間の活動データを収集し,生活特性抽出にも取り組んでいます.

メッセージ:

波多野 賢治

所属:同志社大学

部署:文化情報学部

専門分野キーワード:
情報検索・推薦,データ工学,データベース

担当:
広報 (HP, FB),ML 管理

自己紹介:
計算機が登場しその性能が著しく向上した現在,データの持つ複雑性を計算機で扱う技術の確立が必要です.その技術を確立した上で,データベース分野と情報アクセス技術分野に関わるさまざまな研究課題に現在取り組んでいます.

メッセージ:
主査の想いの実現に向けて,主査・幹事・運営委員のみなさまと共に邁進する所存です.特に広報面においてサポートできればと思っています.

天笠 俊之

[Web]

所属:筑波大学

部署:計算科学研究センター

専門分野キーワード:
データ工学,データベース,データマイニング

担当:
財務担当,研究会 (12 月)

自己紹介:
1999 年群馬大学大学院工学研究科修了.博士 (工学).奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科助手,筑波大学大学院システム情報工学研究科講師,同准教授を経て,筑波大学計算科学研究センター教授.データベース,データマイニング等の研究に従事.情報処理学会,日本データベース学会,ACM 各会員.電子情報通信学会,IEEE 各シニア会員.

メッセージ:

湯本 高行

所属:兵庫県立大学

部署:大学院工学研究科

専門分野キーワード:
Web マイニング, 情報検索

担当:
研究会 (9 月)

自己紹介:
2007 年京都大学大学院情報学研究科博士後期課程修了.博士 (情報学).Web マイニング,情報検索に関する研究に従事.現在は,情報信頼性の判断支援手法の開発や商品レビューの分析などの研究に取り組んでいる.情報処理学会,日本データベース学会,電子情報通信学会,ACM, IEEE Computer Society 各会員.

メッセージ:
今年の 9 月の研究会は,WebDB Forum から分離して,WebDB Forum の翌日に開催されます.皆様のご参加をお待ちしております.

片山 薫

所属:首都大学東京

部署:大学院システムデザイン研究科

専門分野キーワード:
データ工学

担当:
FIT

自己紹介:
2000 年京都大学大学院情報学研究科博士後期課程修了.博士 (情報学).データ工学,特に 3 次元 CAD モデルを対象とした高精度検索技術の研究開発に取り組んでいる.情報処理学会,電子情報通信学会会員.

メッセージ:
DBS 研として FIT に貢献できるよう努めてまいります.

宮森 恒

所属:京都産業大学

部署:大学院先端情報学研究科

専門分野キーワード:
マルチメディアデータ工学,メディア理解,自然言語処理,パターン認識,情報検索

担当:
表彰,DEIM リエゾン

自己紹介:
言葉や画像などのマルチメディアデータは,人間が意思疎通する際の基盤となるメディアであり,AI にはその内容を的確に読解し活用する能力が求められます.自然言語や画像等の内容を,AI が人間と十分同じように理解したり生成する方法と,それによる新しい付加価値をもつ応用システムの研究を行っています.ACM,日本データベース学会,情報処理学会,電子情報通信学会,言語処理学会,人工知能学会,映像情報メディア学会各会員.

メッセージ:
データを様々な観点から捉え,幅広い議論ができる研究者が集う本研究会の発展のために,主査,幹事,運営委員の皆様とともに貢献したいと考えています.

鈴木 伸崇

所属:筑波大学

部署:図書館情報メディア系

専門分野キーワード:
データベース理論,グラフアルゴリズム

担当:
WebDB Forum 実行委員長

自己紹介:
1998 年奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士後期課程修了.博士 (工学).データ工学に対する形式的なアプローチに興味があります.電子情報通信学会和文論文誌 D 編集委員会編集副委員長,WebDB Forum 2018 プログラム委員長,等.

メッセージ:
DBS 研究会にはこれまでいろいろお世話になりましたので,微力ながらお役に立てれば幸いです.

上田 真由美

所属:流通科学大学

部署:経済学部

専門分野キーワード:
情報推薦,レビュー分析,調理支援

担当:
WebDB Forum 連携担当

自己紹介:
2003 年関西大学大学院総合情報学研究科修了.博士 (情報学).現在,流通科学大学経済学部教授.情報推薦,レビュー分析,調理支援の研究に従事.

メッセージ:
DBS 研究会の皆様が活発に・気持ちよく活動できる場をご提供できるよう,研究会運営のお手伝いをさせていただきたいと思っております.

運営委員 (運営委員就任順)